ラッセル・マインドフルネス・エンターテイメントは、マインドフルネスを通してひとりひとりの幸福を高めることをミッションに、メンタリング瞑想アプリ「RussellME」をはじめとしたサービスとプロダクトを皆さまにお届けしています。マインドフルネスをもっと身近に、もっと楽しくし、新たな人生を切り開き、知的な刺激を紹介する伴奏者となることを願っています。

ここでは、マインドフルネスとは何か、あらためてお話したいと思います。

今の自分の状態を冷静に眺める力

「マインドフルネス」は、今この瞬間瞬間に自分の身体と心、自分の周りに起きていることに意図的に注意を向けて、あるがままに受け入れることで育まれます。私たちの頭の中には様々な思考が止まることなく浮かび上がってきています。過去に起きた出来事について後悔だったり、まだ起きてないことへの心配だったり、過去と未来を行ったり来たりして、それらの思考に捕らわれていることが多いのです。マインドフルネスの実践を続けていくと、今、自分がどういう状態になっているのかを冷静に眺められる力がつきます。「今、自分はこう感じているんだな。だからイライラしているのだな」とか、「上手くいかないかもと心配になって、不安に押しつぶされそうなんだな」だとか、また逆に、「こういうことがあったからハッピーなんだな」など、もう一人の自分が冷静に見ている、または、気づいている状態がその力を促進してくれるのです。そのために、様々なメディテーションやワークを通して、瞬間瞬間に意識を向けることを練習します。

実践を継続し、自らより良い人生を選択する

マインドフルネスの練習を続けていくと、日常生活の中で起きるストレスを感じる状況への反応の仕方が変わります。私たちにはそれぞれ自分の性格の癖があります。例えば、怒っている相手に同じように怒りで返してしまったり、失敗した自分を責めてしまったり。そこには「隙間」がないのです。しかし、気づくことによって隙間ができて、自分の「間合い」ができるようになるのです。「間合い」ができると、自分で今どうしたいのか選択できるのです。自分の感情で自動的に選択されて反射的に反応するのではなく、自分の意思でこう対処しようとか選択できるのです。怒りや不安がなくなるわけではないですが、その状況にいち早く気づいて、自分の「間合い」を作って、よりよい行動へ移していく。自身の物事の捉え方を変えることでストレスを減らすことができ、幸福度が高まります。

オリジナルで愛おしい人生の実現をサポート
メンタリング瞑想アプリ”RussellME”

なかなか寝付けない時、プレゼン前の不安や緊張をやわらげたい時、クリエイティブな発想が必要な時など、その時々の心に寄り添ったコンテンツであなたを応援!

RussellMEは、「オリジナルで愛おしい人生の実現」をサポートし、信頼できるメディテーションやヨガのプログラムに加え、理論と実践法・役立つ情報を一人一人に合わせて毎日お届けします。

人生は“いま・ここ”の連続。
自分の”いま・ここ”を愛して、
自分だけの人生を描こう。

【今すぐダウンロード】
App Store:https://apple.co/362Yoxf
Google Play:https://bit.ly/2zLhXxH
※300円/月(初月無料)

この記事を友達にシェアする