こんにちは😊

さて、今回はマインドフルネスについて、アプリの記事を掲載します。是非最後までみてください❗️❗️  

———————————————————————————————————–

日本ハンドボールリーグの大崎電気に所属し、ハンドボール日本代表キャプテンとしても活躍する土井 レミイ 杏利選手。2017年には日本人で初めてフランスのハンドボールリーグのオールスターゲームにも出場した経歴も持つトップアスリートであり、最近ではショートームービー・プラットフォームのTikTok(ティックトック)で、”レミたん”というニックネームで人気を博していることでも知られています。そんな土井さんが選手として不調の時にたまたま出会ったのが「マインドフルネス」の本。実践を始めてすぐに効果を感じたことから、マインドフルネスの呼吸法をベースにしたメディテーションが習慣に。アスリートにとって、マインドフルネス・メディテーションはどのような効果があるのか、ご自身の体験から語っていただきました。

調子があがらない時にたまたま出会ったのがマインドフルネスの本

————土井さんは、何がきっかけでメディテーションを始めたのでしょうか?

土井(以下D)「一時期、フランスリーグで調子が上がらない時がありまして、変にプレッシャーを感じてしまって…。そこから抜け出したいなと思っていた時に、マインドフルネスの本に出会ったんです。瞑想のことや考え方などが書いてあったので、実践してみようと思いました」

————どのくらいで効果を感じましたか?

D「実感し始めたのは、始めて1週間目くらいですね」

————それは早かったですね。本のタイトルを教えていただけますか?

D「『マインドフルネス思考』という本です。たまたま表紙に惹かれて買ったんです。もともとメンタルについて勉強するのが好きで、哲学の本も好きだったんです。哲学の中でも特に東洋哲学が好きで。仏教の中でもメディテーションが出て来ますし、凄く興味があって。東洋哲学にはスポーツに繋がるものがよく出てくるんですよ。例えば無我の境地とか。ゾーンに入るっていうんですけど、アスリートだったらみんな経験しているんですよね」

————ゾーンに入る状態ってどのような感じなのですか? 土井さんだったら、ボールがゆっくり見えるとか?

D「何も考えてない状態ですね。だけど、何がどうなるか感じ取れるような感覚っていうか。そういう状態になると、何でも上手くいくんです」

————まわりがよく見える?

D「そうです。わざとここを空けておけば(肩の上に空間を作る動作をする)、チームメイトがここめがけてパスしてくるなって分かってくるんです。それを考えるのではなく、感じるんです。マインドフルネスって無駄を排除するんですよね。スポーツをやっている時、コート上で一番無駄なのは思考なのです。考えている時って上手くいかないんです。考えるより先に感じないと、シュート外したらどうしようとか考えている間に凄いスピードで状況が変わるので。考えてしまう自分というものを排除するのに役立ったのが、マインドフルネス・メディテーションなんです。結構、適応能力があるので、やってみようと思ったら適応するのが早くて。なので、1週間くらいで効果が出たのかと」

————メディテーションはどのような環境でやってるのですか?

D「静かな部屋で暗くしてやっています。椅子に座って楽な姿勢で。7秒で吸って、1秒止めて、10秒で吐くという呼吸法をやっています」

苦しい時は頑張るんじゃなくて、全く違うことをしてポジティブな感情を持つ事が大事

————先ほど調子が上がらない時が続いたとおっしゃっていましたが、そういう時はどんなことを考えていましたか?

D「日本の美学だと思うんですが、苦しい中で頑張ってそこを抜け出して結果を残そうみたいなものがあるじゃないですか。それも大事だと思うんですが、その逆を行ってもいいんじゃないかと思ったんです。抜け出せないんだったら….

続きはアプリ「RussellME」をダウンロードしてお読みください。

“AppStoreからダウンロード”

Google Play で手に入れよう

———————————————————————————————————–

土井レミイ杏利
ハンドボール選手。日本ハンドボールリーグの大崎電気所属。ハンドボール日本代表キャプテン。

是非、マインドフルネスに関わる質問や、実践した感想をコメントしてみてください❗️⬇️⬇️

この記事を友達にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。