マインドフルネス瞑想の実践を始めるのに戸惑いを感じるかもしれません。それは理解できます。“瞑想者になる“ということは大変なことで、長年の実践によって初めてマスターできるものと感じてしまうかもしれません。悲しいことに、このような見方によって多くの人が瞑想を試さずにいるのです。それはとてももったいない事で、なぜなら瞑想とはマスターするものではなくて、「実践」なのです。そもそも始めることにデメリットはないのです。朝にやろうと夕方にやろうと、おしゃれなスタジオでやろうと、ホテルのロビーでやろうと、5分または50分やろうと、全く構わないのです。要するに何かというと、ほんの数分間の瞑想がもたらす恩恵を受けるために、瞑想の達人である必要はないのです。また瞑想者になるために禅を極め、ベジタリアンになって、自然に優しい洗浄剤を使う等の必要は一切ありません。瞑想の扉はすべての人に開かれているのです。このような精神から私たちは、1日1回から週1回まで、様々な場所で実際に瞑想をしている9人の人々に、彼らにとっての瞑想の意味をインタビューしました。以下は彼らが実際に主張していたことです。

   

   

朝に瞑想をしないと調子が悪い

瞑想は私にとって命の恩人です。約1年前から毎朝20分間の瞑想を始めました。激しい不安に悩んでいるのですが、瞑想をした日はとても落ち着き、幸せを感じ、その流れのまま1日を過ごすことができます。一方で瞑想しない日は、瞑想を行なって、脳がなにか調子が悪い感じがしてしまい、再び瞑想を行い脳が息を吐き出すまでその感覚が続くのです。―Elizabeth,31歳

  

  

全てのものが永遠でないことを思い出させてくれる

瞑想中に自分自身を意識しすぎないようにしているけれど、絶対に考えてしまうのです。私にとって瞑想は、ヨガのように常に成長し進化している練習です。瞑想すると決心する必要があって、その決心そのものが今に注意を向けるきっかけとなるのです。瞑想中、自身の内側を見つめ直して、考えや感じること全ては儚いものであると思い出す事ができます。思考や感情は、まるで炎(私の心)から漂う煙によって形作られる雲であり、現実の片隅に消えて混ざり合うのです。このようなビジュアライゼーションは、多くの面で私を満足させ、平穏をもたらしてくれます。―Sonya,26歳

  

  

マインドフルネスは強迫性障害のマネジメント方法

瞑想は人生における予測できないことから私を救ってくれるのです。強迫性障害を抱えて生きている人間として、日常に降りかかる逆境をもたらす外的な要因を、コントロールする事は難しいことだと感じています。しかし私は気を確かに持つ事ができているのです。なぜなら瞑想という神聖な数分間のおかげで、集中が途切れた思考を再びコントロールすることができるからです。―Micheal,25歳

  

  

瞑想が心の安らぎをもたらす

私は毎日20分間瞑想をしていて、それは人生に気づきと自己認識をもたらしてくれると感じています。それは物質的な世界にあまり執着せず、愛着を持ちすぎないように手助けしてくれます。私にとって瞑想が何を意味するかですって? それは心の安らぎですよ。―Sam,74歳

 

 

何もしない時間があってもいいと教えてくれる

呼吸法を定期的に実践していた頃に気づいた、普段との最大の違いは、集中力の向上と不安の軽減です。この2つは密接に関係していると思いますし、瞑想に関する古典的なテキストには両方ものについて言及されています。たまには、現代社会がもたらしている耐え間のない雑多な流れから離れても私たちの脳は大丈夫と気付くために、何もしないということを練習しても良いと思います。―Harvey26歳

  

  

西洋医学でできないことをもたらしてくれます

私は週に7回瞑想をして、落ち着きと安心感を得ています。それはどのような状況でもパニックに陥る必要がないと思い出させてくれるのです。瞑想は私にとって、これまでの西洋医学がもたらした治療法に比べて、より身体の健康問題に適している解決策となりました。―Riley,28歳

  

  

私にとって瞑想は本を閉じて、意識を集中するというシンプルなものです

ニューヨークの人々は、朝食会、散歩中の電話、通勤中のニュースや本でのキャッチアップなど、1日のすべての瞬間に予定を入れる必要があると感じていると思います。それはとても疲れ、頭がいっぱいになり、不健康になってしまいます。私はマインドフルネスの教室に、講座が開かれた時から通い始める予定でしたが、皮肉にも、スケジュールの時間的な都合により、スタジオに通ってそれを実践する事が理想的ではないと分かりました。しかし同時に、頭を休ませる事さえできるのであれば、1日の様々なタイミングで簡単に瞑想という目標は達成できる状況にある、ということも分かりました。時には床に座りながらや、食事を作りながら実践をしますが、多くの場合は地下鉄で本を閉じて意識を集中します。私にとって瞑想の目的は、内省的になり、気を散らすことなく考えを省みることで、時間がかかるものです。日常的に瞑想をする時間がある限り、気分的に落ち着く事ができます。―Maher,29

  

  

瞑想のおかげで精一杯生きる事ができる

瞑想は多くのものをもたらしてくれます。より明確に考え、より正確で効率的な方法で日々の問題に対処する事ができます。それは私の人生をバランスの取れたものとして、心の状態を安定させます。瞑想は人生を精一杯生きることを意味しているのです。―Cameron,23

  

  

ラクロスの試合前や大きなバイクに乗る前に行う

私は週に約3回、通常は1日が始まる前の午前中に瞑想します。頭を空っぽにしてゆとりを持ち、その日に起こることを気に揉まないようにする機会を与えてくれます。ラクロスの試合や自転車に乗る(私はサイクリングに熱心に取り組んでいるのです)前にはよく瞑想をしています。日常生活の一部として多くのビジュアライゼーションをしているのです。―George,62

———————————————————————————————————–

オリジナルで愛おしい人生の実現をサポート
メンタリング瞑想アプリ”RussellME”

なかなか寝付けない時、プレゼン前の不安や緊張をやわらげたい時、クリエイティブな発想が必要な時など、その時々の心に寄り添ったコンテンツであなたを応援!

RussellMEは、「オリジナルで愛おしい人生の実現」をサポートし、信頼できるメディテーションやヨガのプログラムに加え、理論と実践法・役立つ情報を一人一人に合わせて毎日お届けします。

人生は“いま・ここ”の連続。
自分の”いま・ここ”を愛して、
自分だけの人生を描こう。

【今すぐダウンロード】

“AppStoreからダウンロード”

Google Play で手に入れよう

  ※300円/月(初月無料)

———————————————————————————————————–

出典
mindbodygreen
Text : Gretchen Lidicker, M.S.

  

是非、マインドフルネスに関わる質問や、実践した感想をコメントしてみてください❗️⬇️⬇️

  

この記事を友達にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。