こんにちは😊

さて、今回はマインドフルネスについて、アプリの記事を掲載します。是非最後までみてください❗️❗️  

 

———————————————————————————————————–

食べるマインドフルネスとして注目されるワークショップ「暗闇ごはん」を主宰する、浅草にある浄土真宗東本願寺派緑泉寺の住職、青江覚峰(あおえ・かくほう)さん。アイマスクをして視覚が奪われた状態で食事をすると何が起こるのか、そしてそれが何につながるのか、ジョン・カバットジン博士(*)が考案した食べる瞑想「レーズン・エクササイズ」と同様の気づきを得られるのか、さらには、新たにスタートしたプログラム「喫茶喫飯」についてまで、さまざまな質問にお答えいただきました。

 

 

――――「暗闇ごはん」を始めたきっかけから教えてください。

「今から13年くらい前、現代人は忙しすぎると思うようになったのがきっかけです。「喫茶喫飯(きっさきっぱん)」という仏教用語にあるんですが、意味は「お茶を飲むときはお茶を飲み、ごはんを食べるときはごはんを食べなさい」という、ごく当たり前のこと。でも、現代人はこれができていない。頭を切り替えられず、目の前の物事に取り組めていないんです。クライアントとの打ち合わせ中に、「お腹すいたなー、昼ごはん何を食べよう?」と考えるのは、相手に対しても失礼ですよね。当たり前のことが忙しいゆえにできにくくなっている世の中だから、いったん立ち止まって、当たり前のことをする。そのための装置が、「暗闇ごはん」なんです」

 

――――暗闇だと普段より食事に集中できるのはどうしてでしょう。

「視覚が奪われた状態というのは、どうしても恐怖感があります。何を食べさせられているんだろう、好きなものなのか嫌いなものなのか、そもそも口にしてもいいものなのかすらまったくわからないので、いつもより注意深く食べる。結果として、食事と自分とが一対一で向かい合えるようになるんです」

 

――――恐怖心がゆえに集中できないということはありませんか。

「ゲームなど、恐怖心をなくす仕組みを用意しています。アイマスクをした状態で手を引いて席に案内するので、最初は前や隣に誰がいるかわからず、あたりはシーンとしていて、大宇宙ひとりぼっちの恐怖の状態ですが、まず向かいの人と暗闇でじゃんけんをしてもらうんです。もちろん見えませんから、お互い手で触って、何を出したかを確認する。普段なかなか、知らない人と両手を触れ合うことはないですよね。だから、これが最高のアイスブレイキングになる。世の中ひとりじゃない、仲間、味方、友だちがいると思えるようになるんです。次に、じゃんけんで勝った人から自己紹介をします。そうして情報の交流をしているあいだに1品目がそっと運ばれ、それを食べて「これってなんだと思う?」と、自然な流れで今度は情報の交換が始まります。共通の話題ができることで「一緒にがんばっていこうね」という方向付けができるんです。言葉に表すことで恐怖が薄らぎ、食べ物にどう向き合うかという部分がエッセンスとして残っていく」

 

――――自分や相手が食べているものが見えないだけに、相手に伝わるように言語化するのは容易ではないですよね。

はい、最後まで言わなくても空気や行間を読んで理解できるハイコンテクスト・コミニュケーションが当たり前の日本ではなおさらです。多くの国境を接しているスイスなどはローコンテクスト文化で、すべてを言語化していかなければなりません。「これ」「それ」「あれ」「どれ」が通じないんです。「暗闇ごはん」も同じです。「これおいしいね」と言っても、相手にはどれのことだかわからない。たとえばサラダを出したとき、誰かが「あっ、キュウリだ」と言っても、「まだ食べてない」「いくら食べてもキュウリがないんだけど」という話になれば、何をキュウリと間違えたのか、言葉にしながら一つひとつ丁寧につぶしていくようになります。

 

――――日本人という意味では、まわりに同調しやすい傾向もありますが、「暗闇ごはん 」ではどうですか。

「暗闇ごはん」でも、本当はサツマイモなのに、誰かが「このカボチャ、おいしい」というと、事実ではないのに「そうだね」と次々まわりが同意するようなことが起こります。古代ギリシアのデマゴーグのように、確かな情報ではないけれど、不安からそれを認めてしまう。会社でも、営業部の話を真に受けていたら現場ではまったく違ったなど、意図しない情報操作にまわりが振り回されることがよくありますよね。「暗闇ごはん」では、こうした参加者のさまざまなやりとりをメモしておき、企業研修では特に、ふりかえりの時間を多く設けています」

 

――――人は情報の8割を視覚から得ていると言われていますが、「暗闇ごはん」では視覚がない分、聴覚、味覚、嗅覚、触覚を駆使します。これは、直感力を鍛えることにつながりますか。

「直観力にはつながらないと思います。直感が働いたところで結果を残すかはわからないですし、確かなのは、人間は五感をもっているのに明らかに視覚情報に頼りすぎているということです。それは生物としてちょうどいい塩梅ではないですよね。どの感覚が優れているかは人によって違いますし、たとえば僕は、味覚は強いんですが目が悪く、色の濃度の違いがあまりわからないんです。でも、デザイナーさんの多くは視覚が優れていますよね。感覚を鍛えたい人は鍛えればいいと思いますが、一度立ち止まって、自分にとっていいバランスを知るための場所を提供しているのが、「暗闇ごはん」なんです」

 

続きはアプリ「RussellME」をダウンロードしてお読みください。

 

“AppStoreからダウンロード”

Google Play で手に入れよう

———————————————————————————————————–

■暗闇ごはん
海外で試されている真っ暗な中で食事をとる「ブラインドレストラン」を日本の食文化にアレンジしたワークショップ。明かりを落とした薄暗闇の部屋で参加者にアイマスクを着用してもらい、完全に視覚を奪われた状況を作り出した状態で料理を一品ずつ提供。日常では体験することのできない完全に視覚を奪われた中で、「ものを食べる」という行為によって、残された嗅覚、味覚、聴覚、触覚をフル回転させます。また、お寺という非日常の空間で、顔の見えない相手とひとつの食卓を共にすることで参加者の想像力を刺激します。

  

青江覚峰
浄土真宗東本願寺派 湯島山緑泉寺住職
Text : 権田アスカ

是非、マインドフルネスに関わる質問や、実践した感想をコメントしてみてください❗️⬇️⬇️

この記事を友達にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。