今回ご紹介するのは、今年の9月12日にN.Y.マンハッタンに誕生した会員制ウェルネス・クラブ「The Well(ジ・ウェル)」 。オープン前も後も多くのメディアに取り上げられており、大きな注目を浴びています。

[こちらもチェック!]
アメリカのマインドフルネス事情_Part 1 (スタジオとイベント)
アメリカのマインドフルネス事情_Part 2 (アプリと企業の取り組み)

■The Wellとは?

The Wellは、常に賑やかなN.Y.マンハッタンのユニオンスクエアから1ブロック離れた場所にオープン。西洋医学のベネフィットと東洋の癒しを融合し、医師やセラピスト、ヘルスコーチ等の専門家とともに、ウェルネス(心身の健康と幸福)を実現するクラブです。

忙しい毎日を送る人に向けて、さまざまなサービスが受けられます。スチームとサウナを備えたフルサービススパやオーガニックレストラン、リフレクソロジー、ヨガとメディテーションスタジオ、プライベートトレーニングジム、イベントや講義、ワークショップ、パーソナルトレーナー付きのミニフィットネスセンター、ワイン(or水/お茶)を飲みながら楽しむことができるフットマッサージとヘッドマッサージ&ラウンジ、1か月に1回のヘルスコーチセッション用の個室などなど。

入会時500ドル、月額375ドル(32歳以下は210ドル)と若干高額ではあるものの募集時には予定会員数の倍以上の申し込みがあったようです。

ホームページのファーストビューでは、
The Wellでの体験に期待が高まる “welcome to wellness”のメッセージ。

■The Well 最新のトピックスは?

時間差で、この12月に施設内のレストラン”THE WELL Kitchen&Table”がオープンしました。メニューとして使われるものには、高品質・地元・オーガニックな原材料、植物飼料を食べさせたり放牧で育てた肉、(養殖ではなく)天然の魚、ホルモン・抗生物質・殺虫剤不投与、ビール、ワイン、低アルコールカクテルなどなど、こだわりのあるものばかり!

メニューリストには、ヴィーガン、ベジタリアン、グルテンフリーの表記、プロテインを選択するという表記もありました。

View Menu
THE WELL Kitchen&Table
オープン時から、朝食/ランチ/ブランチ/ディナーと終日メニューを提供

■多くのメディアが注目しています

オープン前と後で約50のメディアに取り上げられました。中でも独自に取材をされた2つのメディア記事を紹介したいと思います。

❚ NEW YORK POST

引用先:NYC’s The Well Pitches Buzzword-Tinged Wellness For The Well-Off

❚ marie claire

引用先:Inside THE WELL, NYC’s New Private Fitness and Wellness Club

■当社も俳優ウィル・スミス氏らとともに出資しています

そして、当社は俳優 ウィル・スミス氏とプロサッカー選手 本田圭佑氏らのDreamers Fund、他の大手ベンチャーキャピタルとともにThe Wellに出資しています。またこの出資について、アメリカのForbes誌で「ロサンゼルスと東京に拠点を置くマインドフルネスをテーマとしたエンターテイメント企業」として当社の紹介もありました。(下記Forbes画像とリンク参照)

私たちが得意とするエンターテインメントを用いて、 マインドフルネスが多くの人々にとって始めやすく続けやすいものすることを使命としています 。メディテーションポッドやアプリ等はその手段であり、またその一環として、The Wellに出資しました。

引用先:Hot New Holistic Wellness Retreat Is Coming To New York City

マインドフルネスの先進国であるアメリカ。そこで注目のThe Wellの新たな動きについて、今後もご紹介できればと思います。

この記事を友達にシェアする