リラックスとパフォーマンス向上のための最高の環境を実現した世界初のメディテーションポッド!その目的や誕生秘話、特徴についてご紹介します。

■メディテーションポッドって?

マインドフルネスは、メディテーションを中心とした実践によって「いま・ここへの意識を高める」テクニックです。 うつ病を予防し、集中力を向上して創造的な考え方を促し、 エンゲージメントを高める効果があることが科学的に証明されています。 その結果、アメリカではグーグルやゴールドマン・サックスをはじめとする多くの企業がマインドフルネスを導入しています。このメディテーションポッドにより、職場でも 効果的にマインドフルネス・メディテーションを実践することができます。

■メディテーションポッド誕生ストーリー

Jonathan Marcoschamer, CEO, Founder of OpenSeed

2016年、アメリカ・マイアミに住むジョナサン(OpenSeed社代表)は、極度のストレスを感じる出来事を経験し、ふさぎ込んでいました。 その状況を打破すべくマインドフルネス・メディテーションに出会い、自然の中で行われた10日間の瞑想プログラムに参加し、人生が変わる経験をします。 しかし、プログラムを終え日常に戻ったジョナサンは、効果的にメディテーションができる環境が無いことに 気づきました。「大事なのは、誰もがあの人生を変える経験にアクセスできること」と考え、オフィスに収まるほど小さいが、人間が収まるほど大きく、メディテーションにとって理想的な空間を作るため、ポッド制作の構想を始めました。自然の中の環境や、日本のお寺での造り(凛とした空気感)を参考にし、彼は最終的に、大きな種子のような鞘のアイデアに落ち着き、2019年7月、プロトタイプ1号機が日本に上陸いたしました。

■メディテーションポッドの特徴

色彩に浸る:コンテンツと同期し、5色に変わるようプログラムされたLED照明。

気流:4つのファンが、室内にいながら心地よい上昇気流を生み出し、快適な空間を作り出す。

振動を感じる:隠れて設置された4つのスピーカーと1つのウーファーは、現実の臨場感のあるオーディオを 提供し、音の振動によるセラピーで、ユーザーを静かで穏やかな幸せな場所へと誘う。 また、3つのヘッドフォンも備えておりスピーカーかヘッドフォンかを選択できる。

メディテーションコンテンツ:集中、リラックス、バランスなどそれぞれの目的にフォーカスしたガイド付きの メディテーションをはじめとした多数のオリジナルコンテンツのメニューの中から、 好きなプログラムを付属のタブレットから選択可能。 ガイド音声は元フジテレビアナウンサーの松尾紀子氏が担当。

クロスクッション:最大3人掛けのクロスクッション。 付属の円形シートで全面をフラットにすることも可能。

香りのオプション:体験者が好みの香りを使用できるオプションを開発中。

素材:天然の木材を使用。

メディテーションポッドのほか、企業・組織向けセミナーのお問い合わせはこちらまで。
[お問い合わせ]
ラッセル・マインドフルネス・エンターテインメント・ジャパン株式会社 
パートナー・ソリューション 檜垣 080-9976-5571
info@russellme.com